新生銀行住宅ローン手数料

新生銀行住宅ローン借り換えの手数料はいくら?

リビング
住宅ローンは金融機関との契約になります。お金を借りるにあたっては、色々と手続きが必要になります。

 

「お金をかして下さい」「はい、どうぞ」とあっさりいけばいいですが、そうもいかず面倒な手続きがあります。この手続きには色々と諸費用がかかってきます。

 

この諸費用がかなりの曲者。消費税みたいに何パーセントと簡潔に決まっていればいいのですが、諸費用は1種類だけでなく複数あります。

 

しかも、多くのい場合が定率方式となっており借入金額から算出されるようになっているので、借入額が大きいと諸費用も大きくなってしまいます。

 

その為、金利の安い金融機関に借り換えを行っても諸費用のせいで最終的な返済金額に差がなかったり、逆に高くなってしまうケースもあります。

 

この項では住宅ローンの借り換えの諸費用について説明するので、経費にはどういったものがあるかを学んで欲しいと思います。

 

まずは融資事務手数料。これは事務手続きに関係する手数料ですね。フラット35の場合は60万円前後となっています。

 

この数字を見て驚いた方も多いと思います、事務手数料はかなり大きな金額になります。ただ、このサイトで紹介している新生銀行では事務手数料は一律5万円。安心パックに加入する場合でも10万円と非常に低くおさえられています。

 

次に保証料。保証料には保証料と保証事務取扱手数料の2つがあります。この金額は2つ合わせて数十万円となっていますが、フラット35・新生銀行では0円になります。

 

次に団信保険。何かあった時にそなえた保険料です。これに加入しないと融資を受ける事は出来ません。しかも、保険料は借入者持ちとなっています。

 

借り入れ期間のトータルでは百万円以上の保険料が必要になる場合もあります。

 

しかし、新生銀行であれば団信保険料を銀行が負担してくれるのでこちらは1円も払わなくてOKです。

 

この他に税金があります。抵当権設定登録免許税が12万円。司法所為報酬が8万円、印紙税が2万円と税金だけで22万円かかります。と、この様に契約には色々とお金がかかるので最大で300万円近くにもなります。

 

お金を借りるのに300万円もの経費が必要になるというのは少しバカらしいですね…。しかし、新生銀行なら契約にかかる費用はたったの22万円で済みます。

 

省けるところは省いておきたいので、出来れば新生銀行で賢い借り換えをしたいところです。

 

あと、融資手数料や事務手数料は借入額によって変わってくるため、上記で述べた以上の金額になるケースもあります。

 

借入額が大きくなれば手数料も増えると認識しておくのが良いでしょう。

 

この諸費用は金融機関のキャンペーンなどを利用して安く済ませる事も可能なので直ぐに契約したりせずお得な業者がないかを探していくのが良いですね。

新生銀行の諸費用を研究!

調査
住宅ローンの借り換えには色々と諸費用が発生します。諸費用がなければもっと簡単に借り換えを出来ますが、金融機関側で色々と手続きがあるので仕方ないですね。

 

でも、だからといって諸費用関係を調べずに契約してしまうのは絶対にNG。諸費用を無視して契約してしまうと後々絶対に後悔します。

 

この項では新生銀行パワースマートローンの諸費用を他の金融機関の諸費用と比較しながら説明したいと思います。

 

まず最初に、諸費用の合計は大体いくらくらいが平均なのかという事についてお話しましょうか。銀行によって差はありますが300万円弱が一般的です。

 

「え?それって借り換えで発生する手数料なの?」と驚いた方も多いでしょう。そうなんです。住宅ローンの借り換えはこれくらいの金額が発生します。

 

では、新生銀行の諸費用は合計でいくらになるのか。なんと約1/15の22万円程。言うまでもなくかなり低い金額ですよね。諸費用の内訳は融資事務手数料・保証料・保険料・税金となっています。

 

ウェイト的には融資事務手数料と団信保険料が大きいです。この2つだけで200万円以上になるのは珍しい事ではありません。

 

新生銀行では事務手数料と団信保険料の2つを新生銀行側が負担してくれているので200万円以上を節約する事が出来ます。

 

新生銀行パワースマートローンで発生する諸費用は抵当権設定登録免許税などの税金のみとなっています。

 

税金は流石に自分で払わなければいけませんからね。それにしても負担金額が22万円で済むのはかなり大きいです。

 

他の金融機関だと無駄な300万円近い諸費用が上乗せされる事もあって金利は安いけれども合計の返済金額は高くなるというケースが多いですが、新生銀行に関してはそれが見受けられません。

 

次に手続き関連の諸費用についてお話しましょうか。まずは繰上げ返済ですが、これは無料となっています。1円から返済出来て手数料は無料。いつでも好きな時に返済する事が可能です。

 

証明書の発行に関してはほとんどの証明書が1通1000円となっています。これも低金額ですね。

 

最後に金利タイプ変更手数料について。これは変更の都度に5000円かかります。5000円で自分の好きな金利タイプに変更できるのは安いと思います。

 

この様に、新生銀行では事務手数料関連だけでなく、契約後の諸費用も低く設定されています。

 

経費は安くしてメリットは大きくというのが新生銀行の特徴と言えるでしょう。契約後も色々と変更などの手続きがあって諸費用が発生するので、その事を考えても新生銀行を選ぶのがベストな選択だと思います。

新生銀行住宅ローン借り換えの申し込みはこちら